前へ
次へ

イギリス留学では目的をはっきりさせることが大切です

今日はイギリス留学をする場合の注意点についてまとめてみました。日本の学生さんでも近年は外国で勉強する人が増えてきています。外国で勉強することのメリットはとても大きいということができます。昔はアメリカ留学が人気の中心でしたが今ではそれはオーストラリア留学とかニュージーランド留学に取って代わられています。しかしながら海外留学をする場合に一番考えなければならないことは、どのような目的で海外留学をするかということです。イギリス留学をする目的は伝統のあるイギリス英語をマスターすることです。オーストラリア留学やニュージーランド留学ではイギリス英語をマスターすることができません。オーストラリアやニュージーランドでマスターできるのは極めて癖のあるオーストラリアなまりの英語ということになります。日曜日のサンデーはサンダイと発音されます。そのような奇妙な発音で英語をマスターしてしても、東南アジアでは通用しません。東南アジアで通用する英語はイギリス英語だけです。それには理由があります。インドシナ半島を中心とする東南アジア諸国は戦前はフランスとイギリスの植民地でした。長い間植民地政策をされたので、現地の人たちは英語やフランス語を流暢に話します。中でも英語が流暢の人が多いのです。ですがその英語はアメリカ英語ではなくてイギリス英語です。このような事情がありますから、これから海外留学を目指すのであればイギリス留学で決まりです。そしてイギリス留学ならばロンドン留学が一番であるということもできます。ロンドン留学はイギリス留学の一番高い位置にあります。ですからその費用も当然高額になってくるのは当たり前のことです。 イギリス留学は大学に進学するばかりが道ではありません。ロンドン近郊には数多くの語学学校がありますので、それらの語学学校に留学することも一つの方法です。イギリス留学をする場合には大学で勉強をするのか、あるいはイギリス英語だけをマスターするのが目的なのか、それをはっきりさせてから出発いたしましょう。

Page Top