前へ
次へ

イギリス留学での大きく分けた2種類の大学

語学勉強として国内で大学に通うだけでなく語学会話教室を利用したりと、様々な勉強方法を取り入れて学ぶ人は多くいます。ですがそんな方法の中でも生活の中で身につけるということで留学する人も多いです。留学先にはいくつか種類がありますが、ロンドン留学やイギリス留学が選ばれる場所の1つとなっています。イギリス留学の場合はイギリス英語と呼ばれる発音の綺麗な英語が学べるので、世界で公用語とされているレベルの高い英語を身につけることができます。そんなイギリス留学をする場合は語学学校に入学する必要がありますが、学校自体は大きく分けて2種類に分けられています。その種類の特徴をしっかり理解したうえで、イギリス留学時は自分自身が学びたい大学を選ぶ事が重要となってきます。では実際にイギリス留学時の大学の種類ですがまず1つめとして私立の語学学校になります。私立の語学学校の特徴として英語を学ぶだけでなく文化を学ぶ事ができるという点があります。英語コースを利用して自身の語学向上が行えますが、同時に様々な体験コースを組み込むことが可能です。組み込む事ができる内容として乗馬やガーデニングの他にフラワーアレンジメントなど、イギリスならではの文化を体験することが可能です。次にイギリス留学で選べる大学種類の2つ目が公立カレッジとなります。公立カレッジには大学付属などの研修期間などがあるのが特徴です。公立カレッジの場合は自身が学びたい分野を専門的に学ぶ事が可能です。もちろん語学力向上のために英語コースを選ぶ事もできますが、それ以外の専門的な分野も学ぶ事ができます。私立の場合はコースが1週間ごとに選べる事が多く授業を選ぶのも自由度がとても高いです。そのため1週間コースや1ヵ月コースなど授業内容も多様になっています。逆に公立カレッジの場合は1つの専門コースを長くしっかり学ぶ事になるので、最低でも研修期間は1年と長くなります。単位取得も学期単位取得が必要になるのでより深く知識を深めたい人向けとなる大学といえます。

Page Top